肩こり、首こり改善に運動療法が必要な理由

 

肩こり、首こり改善に運動療法が必要な理由

 

こんには。

幸治鍼灸整骨院の院長の立川です。

 

寒い日が続きますね。

ここまで寒い日が続くと、体を丸めてしまったり、

ポケットに手を入れて歩いたりなど、

姿勢も悪くなり、猫背になります。

 

姿勢が悪い状態が続いてしまいますと、

肩こりや首こりといった体の不調が出てしまったり、

自律神経にも大きな影響を及ぼします。

 

ということで、今日は

姿勢と肩こりや首こりなどの体の不調、

自律神経についてお伝えしていきます。

 

正しい姿勢

まずは人間の基本構造から。

 

私たちの姿勢は主に脊柱(背骨)から形を作られています。

 

その脊柱に、下から骨盤、腰椎5個、胸椎12個、頸椎7個、上端には頭蓋骨というたくさんの

パーツから体が作られています。

 

骨単体では動くことができませんので、骨と骨が関節を作り、その骨にたくさんの筋肉が

ついています。それぞれの骨を筋肉が引っ張ることにより、関節が動き、

姿勢を構成しています。

 

 

そして、とても大切ね正しい姿勢について。

 

体を横から見たときに、外くるぶしの少し前、膝、骨盤(大転子という脚の骨)、肩、耳の穴の5点が一直線上に位置することが、一般的に良い姿勢と言われております。

 

 

そして上の5点が一直線上に位置しているかどうかは、背骨の正しいカーブがあるかと、

首の位置、骨盤と肋骨の位置によって決まります。

 

特に姿勢に影響を及ぼすのは、

骨盤と首になります。

頭は約5キロの頭が乗っています。その位置がズレると、背骨全体が修正してしまします。

 

また骨盤は体重を支えています。

骨盤の歪みにより、全身がずれてくるのはお分かりになるのではないでしょうか。

 

骨盤の位置がずれると確実に姿勢は崩れてしまいます。

 

この姿勢のベースである、首と骨盤がズレることにより、

身体の正しいカーブがなくなり、柔軟性がなくなり、

ある一部分に負担がかかる結果、

肩こりや、首の痛み、頭痛、腰痛となります。

 

姿勢が悪い方の特徴と肩こり、首への影響

首が前に出ている

 

フォーワードヘッド。

一般的にストレートネック、スマホネックと言われています。

 

首の上に乗っている頭の重さは約5〜7kg。

これはボーリングの球と同じくらい。

スイカでもありましね。

 

頭の正しい位置よりも5cm前に出ているだけで、

支えている首には頭の2倍の重さの負荷が常に掛かることになります。

 

単純計算で10キロから14kg!

10キロのお米を乗せてみてください・・・・・

想像するだけ恐ろしくねいですか。

 

また、パソコン作業で座っている時は

首がもっと前に出やすくなります。

人は集中すると首が前に出る習慣があります。

 

 

背中が反っている姿勢

猫背になっているようですが・・・・・

細かく分析すると

 

骨盤が開き

前傾してます。

→インナーマッスルの機能低下を起こします。

頑張っても効果が出にくい。

 

肋骨が開きます。

→横隔膜の動きが悪くなり、肩で呼吸するようになります。

その結果肩こり、首こりの原因。猫背の原因に。

 

首が前に出てきます。

→首への負担が増加。

首こり、背中が痛くなります。

 

 

姿勢が悪い方の特徴

マッサージをしてもすぐに元に戻る。

慢性的な肩こり、腰痛。

呼吸が浅くなり、疲れやすい。

夜の睡眠が良くない。

運動で怪我をしやすい。

 

まとめ

本日は、首こり・肩こりをお持ちの方の姿勢の特徴と、

原因をお話ししました。

 

人間の姿勢は、たえず外界からの刺激やストレスで変化します。

体をリセットする必要があります。

 

日頃から姿勢を意識して、

1日の疲労、歪みを取り除くことを

初めてみてください。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

 

 

 

 

の影響

 

 

 

お問い合わせ

電話予約 ウエブ予約
  • 店舗内観
  • 営業時間

住所:〒564-0011 大阪府吹田市岸部南1-5-21