テニス肘について

テニス肘は手首を動かすための筋肉が継続して強い衝撃を受けるために発生する炎症であり、主に中高齢のテニスをする人に多く発生することからこのような名前が付いているものです。

この症状になると手首を使う動きをすると上腕部に痛みを感じるようになり、特に雑巾を絞るなどといった、ひねるような行動が非常に難しくなってしまう点に特徴があります。

テニス肘の原因

テニス肘になる原因は、テニスでボールを打ち返す瞬間に強い衝撃を受けることになりますが、これを手首の力で受け止めるためその衝撃で継続的に腱を痛めてしまうものです。そのため同じような強い衝撃を受けるものでも発症してしまうことが少なくありません。

特に料理人や主婦などは手首でフライパンを返したり、包丁を握っていることが多く、この状態で強い衝撃を受けることも多いため同じような状態となってしまうことが多いのです。

テニス肘の原因は非常に単純で、手首に強い衝撃が継続的に伝わることによるものとなっていますが、基本的には炎症であるためにじっくりと休めると元の通りに戻ることも少なくありません。

テニス肘の改善

手首を休めることができない場合にはなかなかその状態が改善されないと言うことも多く、意識をすることが重要です。できるだけ手首を使わないような生活を送ることが必要で、パソコンやスマートフォンなども使い方によっては強い衝撃を伝えてしまうこともあるため注意をしなければなりません。

テニス肘は特に強い衝撃が加わった状態になると発生すると考えられており、通常ではあまり意識する必要は無いものです。しかし炎症がひどくなってしまった場合には、外科手術を行うことも必要となるので、その前に治療を行って行くことが大切です。

テニス肘でお困りなら当院へ

テニス肘について説明しましたがいかがでしょうか。ほとんどの整骨院や整体院では身体の歪みを触診・視診の検査で判断しようとしますが、この様な検査で歪みが分かる事はほとんど無いと言えます。

この様な検査も必要ですが、主観的検査のみで歪みを正確に判断する事は絶対に不可能で危険です。また他院との大きな違いは、提携医療機関の協力による画像検査を参考にしていることです。

テニス肘でお困りなら、是非一度幸治鍼灸整骨院へお任せください。

お問い合わせ

電話予約 電話予約 ウエブ予約
  • 店舗内観
  • 営業時間

※12:30~16:00の間は完全予約制となっております。

住所:〒564-0011 大阪府吹田市岸部南1-5-21