アレルギーでお悩みの方に

2013/10/15

【辛いアレルギーと一生お別れする方法!】

私たちの体は、自律神経の働きによって、調節が行なわれています。

日中に交感神経が働くことで活動でき、夜間は副交感神経が働くことでゆっくり休めるわけです。
さらに、白血球の分布も、自律神経の調節下にあります。
顆粒球は交感神経支配で数が増え、リンパ球は副交感神経支配で数が増えるようになっています。

交感神経刺激を介して顆粒球増多が起こり病気になります!
逆に、副交感神経が優位過ぎる、のんびりし過ぎた生き方をすると、実はリンパ球が増加して、アレルギー疾患にかかりやすくなるのです!!

「白血球の自律神経支配」の理論を知ると、多くの病気の原因を明らかにすることができるのです。そしてそれを知る事により免疫力を上げ病気にならない体作りが出来るのです!

アレルギー疾患の増加

子供のアトピー性皮膚疾患、食物アレルギー、気管支喘息が増加し続けています。若者では、ステロイド軟膏で難治化したアトピー性皮膚炎が増加しています。
大人では、花粉症や蕁麻疹で辛い目に合っている人が多くなっています。

アレルギー反応を起こすIgE産生リンパ球や好酸球(白血球の一種である顆粒球の一つ)は副交感神経支配下にあり、穏やかな生き方が続くと増加していきます。
日本では昭和50年代に入ってからアレルギー疾患(特に、アトピー性皮膚炎)が増加し始めました。
副交感神経優位の生き方が現代の日本の子供達には通常のことになっているからです。

《アレルギーの対症療法》

アレルギーの対症療法の薬として抗ヒスタミン剤やステロイド軟膏があります。
そもそもアレルギー反応は、抗原を外に出したり、局所から洗い流す健康になるための反応です!

アトピー性皮膚炎に処方されているステロイド軟膏は、消炎作用が強く現在もまだ使われています。

《それが、病気を悪化させる原因になっています。》

ステロイドの消炎は、エネルギー生成系に働いて炎症を引き起こすエネルギーを止めて消炎しています。
しかし、ステロイドの塗布を止めるとそれまで抑えられていた炎症が爆発的に出現します。
顔だけではなく全身に炎症が拡がります。
これがステロイド離脱後のリバウンド現象です。

ステロイドは対症療法で、根本的治療ではありません。
いずれも交感神経を緊張させる作用があるので、常用すれば最終的に交感神経緊張状態が固定し、新たな病気が上乗せされてしまいます!!
自律神経を整えることこそが病気やアレルギーを起こさないことに繋がるのです!

〜これは免疫学の世界的権威「安保徹先生」の理論です!〜

そしてこの理論は、
【アレルギーだけではなくすべての病気の根本となっているのです!】

めったに講演を聞くことが出来ない安保徹先生の講演会が大阪、堺で開かれます!

しかも、3000円というありえない値段です!
先生の話を聞き、家庭で出来る根本治療を知るチャンスです!

1人でも多くの方がアレルギーや病気といった辛さから解放され、毎日を笑顔で生きるための講演会です!

子供を持つお母さんや、妊婦さんにも是非とも聞いてもらいたい内容です!

皆さんの周りで、アレルギーで苦しんでいる方や、
アレルギーの子供さんを持つお母さん、
そしてこれからお母さんになる人、
そして体調がイマイチスッキリしない人や、
毎日お酒を飲む人、また睡眠不足の人や、精力的に働き過ぎている人(>_<)
そんな方に伝えてあげて下さい<m(__)m>

安保徹先生の講演会の詳細、お申し込みは幸治鍼灸整骨院まで↓
06−6382−3308

 





腰痛・骨盤矯正・からだのゆがみ

2013/10/7

今日は午前中はいつも仲良くさせていただいている、はれやか整骨院さんでの勉強会に参加してきました.

テーマは股関節

芦屋の病院で働いている理学療法士の仲間の世良田先生にご指導いただきました.

今回で4回目。

股関節の評価、触診を主に勉強してきました.

いつも思う事ですが、難しいことをわかりやすく伝えてくれます。

月に一度の勉強会で、はれやかスタッフと会い、勉強しあうことは

とても気持ちよくて、気持ちがリセットされる気持ちになります.

1377384_394716453990701_91418478_n

そして、場所を変えて夜から

神の手をもつ18人で紹介されている京谷さんの

『京楽メソッド』の勉強会へ

20131006_205852

20131006_205846

自分自身の身体のゆがみがどうなっているか。

そのゆがみの影響

その治療法をわかりやすく、安全に、簡単にご指導いただきました。

私自身日曜日に走った100キロマラソンからの影響か

2日前よりちょいぎっくり腰になっていました.

治療を学ぶには治療を受けるのが一番

治療をしていただき、ゆがみを治していただきました。

身体の動きがとても良くなりました。

しかも速攻です。時間はかかりません。

20131006_205944

身体のゆがみからくる身体の様々な症状を改善して、

根本治療へと導いていきます。

身体がゆがんでいる

腰痛や肩こりがとれない

様々な症状でお悩みのかたは

当院へ一度お問い合わせください.

0663823308

一日も早い回復

やりたいことが出来る身体作り

痛みや症状があり、おっくうになっている

そういう問題を早期に回復し

患者様の

笑顔と幸せと可能性を作っていきます

これからも

勉強のトライアスロンも100キロマラソンも

走り続けます!





近日スタート 泡でエステ リラクゼーション ツルツル肌 疲労回復

2013/8/28

こんにちは

美容&ふくらはぎセラピストの森本です。

近日今まで体験した事のないエステ&リラクゼーションを行います

特殊な(マイナス電子が発生する)石けんで生クリームのように

泡立てた泡を使って背中からお尻、脚全体をマッサージしていきます。

 

老化とは身体が酸化した状態です。

酸化しているところはプラスの電子が発生しやすくなっています。

泡を身体におく事によって、

特に疲れているところは泡が身体に浸透して、泡が消えている事もあります。

泡を身体にのせてビニールで包み、タオルをかけられている間は

まるで雲に包まれ手いるようです。

身体もツルツルになり、色も美白に、そして、ウエスト回りも細くなります。

スタートは9月の中旬を予定しています。

お楽しみにしていてください。

 

脚を揉み解しています。

セルライトも10回ほどで少なくなっていきます。

image-53

 

袋につつみ暖めています。

熱と反応する事により、よりマイナス電子が浸透していきます

 

image-56

 

背中のマッサージ

肩こり、猫背にとても快適。

伊良皆さんは先日のウェイクボーの筋肉痛が改善しましたよ。

ウエスト周りもマッサージします。ウエスト一瞬で細くなります。

 

image-52

伊良皆さんの感想は

ウェイクボードの筋肉痛がとれたし脚の疲労も改善しました。

お肌もツルツルになって、そして少し白くなりました。最高に気持ちよかったです。

またやってくださいね :lol:

と感想を頂きました。

よりよいものを提供できる様に

もっと練習を重ねてがんばっていきます。

お楽しみに!

 

 

 





猫背が気になる 姿勢改善 骨盤 背骨矯正

2013/8/28

こんにちは

幸治鍼灸整骨院の院長立川幸治です

先日腕が全体的にしびれるという患者様が来られました。

姿勢をチェックしたところ

身体はねじれて、肩の高さも大きく違い、骨盤のゆがみもありました。

image-46

 

おもいっきり左にねじれて

身体も右に倒れてますね。

image-51

 

横から見ると首はストレートネック、

背骨のS字もほぼまっすぐです

これではとても疲れやすい身体の構造となっています。

治療はバランスを見て、筋肉、背骨、骨盤の調整をしました。

治療後は

image-48

 

image-50

 

背骨の湾曲がでて、下腹もすっとしましたね。

後ろ姿は背中が大きくまっすぐ

凛とした姿勢で立たれています。

患者様も

『楽に立つ事が出来る』

『姿勢が変わった』

『手のしびれも半分くらいになった』

そしてとても顔が晴れやかになっていました。

治療家としてこの顔が明るく、ニコニコする瞬間を見る事が

本当にうれしく思います。

次のも続けてきていただき

姿勢をチェックしましたが、意識する所を伝えた事を

しっかりと守っていただいたので、

姿勢はばっちりでした。

そしてお友達もご紹介いただきました。

姿勢が悪く、腰痛がでている方でした。

 

 

猫背 姿勢 身体のゆがみで気になる方は一度

ご相談ください。

電話 0663823308

姿勢が変われば人生が変わります!

人生を変えていきましょう!!

 

 

 

 





体幹 コアで ヘルニア に負けない強い腰を作る

2013/8/21

私は約10年前椎間板ヘルニアになりました。

最初は『ヘルニアか〜』という軽い思いでしたが、

痛みとしびれが日増しに痛くなりました。

寝返りをうっても痛く、猫の様に丸まって寝ていました。

朝がとにかく痛かった。

数分間は腰が動かず、ストレッチをしてやっと動くように。

その頃は今と違う仕事をしていました。

朝車に乗って運転するときも脚で踏ん張り腰、お尻を浮かすように運転していました。

毎日痛みがあり、気持ちもだんだんと憂鬱に。

家族との会話が嫌になり、一人で部屋にこもる様にもなってきました。

病院を点々として手術を心のどこかで希望していましたが、

それほどでもないと、どこの病院でも言われました。

そのとき感じたのは人ごとのような言い方。冷たい感じ。

そのときの私にはそのように感じました。

そして、痛みは人にはわからないということ。

そして、ある病院で

『痛いのは仕方がない。痛ければ仕事を変えるとか、なんか方法を探してください。』

と。

『確かにそうや!痛みを理由に様々なことから逃げている』と

そういう自分に気がつきました。

『ヘルニアと向き合って、受け入れ、自分で治していこう』と思いました。

それからストレッチを朝晩30分やるようにしました。

色々調べるうちに、コア、体幹ということを知り、

ストレッチポールとも出会いました。

病気を受け入れてから、人生か変わりだしました。

 

この続きはまたアップしていきます。

お読みいただきありがとうございました。





ページの先頭へ