バランス東洋医学5『スタートとゴール』

2015/8/20

趣味は、温泉地めぐりの鍼灸師、品川です。

好きな温泉は、下呂温泉です。

お盆も過ぎて、幾分か暑さも和らいできました。
 
昨晩は、扇風機の風でさえも、寒いように思えました。

先日の定例勉強会では、スタッフの中川ブログにもあったように、”人生の目的・目標”について、一人ずつ前に立って発表いたしました!

発表するにあたって、”目的と目標の違い”についてまず調べました。

ざっくりいいますと・・・

目的が一つのゴールだとすると、目標は、そのゴールに向かっての中間地点です。
  
ゴールを設定して、人生の目標を逆算していくのも大事ですし、人生のスタートというのは、すでに始まっていますが、ゴールをこう設定するんだと決めた瞬間も、それは、一つのスタートです。

前に立って、発表するのは、6月のセミナー以来で、発表する順番をくじでひいたら、案の定、最後に発表の順がまわってくるというチャンスを与えていただきましたが、大変良い緊張感で、大変、貴重な勉強会になりました。


突然ですが、我々人間には、いくつの筋肉が存在しているかご存じですか?

約、600個もの筋肉があります。

筋肉にも、スタートとゴールのようなものがあります。

筋肉でいうスタートは、『起始

ゴールを、『停止』 といいます。

起始とは、筋肉が運動しても、ほとんど動かない方、いわゆる、引っ張る側です。

停止とは、筋肉が運動するときによく動く方、引っ張られる側です。

例えば、上腕二頭筋、”力こぶ”の筋としてよく知られている筋。



この筋は、読んで字のごとく、二頭(長頭と短頭といいます)を有します。

したがって、スタートである起始も二つあります。

長頭の起始は、関節上結節(かんせつじょうけっせつ)

短頭の起始は、烏口突起(うこうとっき)

という場所からスタートします。

ゴールである停止は、橈骨粗面(とうこつそめん)と前腕筋膜(ぜんわんきんまく)です。


上腕二頭筋は、肘を曲げる動作(屈曲といいます)に大きく関係があります。

どうすれば、肘を曲げる動作(屈曲)ができるか・・・

起始が引っ張る側で、停止が引っ張られる側だと先ほど、お話いたしました。

そうです、起始が停止を引っ張ればいいんです。

そうすると・・・肘も曲がり、力こぶもつくれます。

この、停止が起始に近づく動作を作用といいます。

したっがて、上腕二頭筋の作用は、肘関節の屈曲です(他に、回外作用というのもあります)


また、東洋医学においても、『経絡』において、スタートとゴールのようなものがあります。

まず、経絡という言葉、私のブログではじめて出ました。

経絡とは、生命活動の源であるエネルギーを””とあらわし、その流れる道筋のことです。

その道筋上にあるのが経穴(ツボ)です。

経絡を、”川”にたとえるなら、経穴(ツボ)は、”ダム”のようなものです。

後にお話しします⑦足の太陽膀胱経には、経穴が63個あるので、ダムは、63か所存在することになってしまいますが。

その地点のダムに、生木などゴミがひっかっていたら、その先の川はどうなるでしょうか?

よどんできますし、流れる量も少なくなっていきます。

流れる量が少なくなると、どうなるか、人の体で考えると、頭痛や末端冷え性などの症状があらわれる訳です。

その川を、澄んだ川にするのが、鍼灸治療であり、当院であれば、筋トレやふくらはぎマッサージであったりするのです。




ちなみに、筋肉の数は600以上だとお伝えしましたが、ツボの数はいくつあるでしょうか?

世界保健機構(WHO)で認められているものだけで、361個。実際には、それ以上と言われています。

経絡は、『経脈』と『絡脈』を合わせた言葉です。

経脈は、体を上下に流れ、絡脈は、網目のように縦横に流れます。

経脈は、内臓の機能と連動されていて、12経脈あります。

①手の太陰肺経

②手の陽明大腸経

③足の陽明胃経

④足の太陰脾経

⑤手の少陰心経

⑥手の太陽小腸経

⑦足の太陽膀胱経

⑧足の少陰腎経

⑨手の厥陰心包経

⑩手の少陽三焦経

⑪足の少陽胆経

⑫足の厥陰肝経

この経脈、ひとつひとつに、流れる道筋があり、スタートとゴールのようなものがあります。

東洋医学では、この道筋を”流注”(るちゅう)といいます。

実際には、体の中でこの経脈は絶え間なく流れているので、このスタートとゴールは果てしなく続いていきます。


それでは、本日のピックアップ経穴(ツボ)は、『中府』『期門』です。

中府は、①の手の太陰肺経の始まりのツボであります。




中府は、鎖骨の親指、一本分下にあり、肺疾患に非常によく使われるツボです。

主治は、喘息、気管支炎、風邪予防、リウマチです。

期門は、⑫足の厥陰肝経の最後のツボです。



期門は、第9肋軟骨付着部の下際にあり、肝機能を回復させるツボです。

主治は、肝機能回復、ストレス緩和、不眠症緩和、食欲不振、婦人科疾患(生理周期の乱れなど)です。

当院では、患者様、お一人お一人にあった最良の治療法を提供させていただいております。

お困りの方がおられましたら、当院までご相談くださいませ。

幸治鍼灸整骨院

06-6382-3308











やみつき ふくらはぎマッサージ part4

2015/8/18

こんにちは  

やみつきになるふくらはぎマッサージの気持ち良い〜

を お伝えする 酒匂です!


さて 皆様 お盆はどうお過ごしでしたか? 

私は少し早くお休みを頂き 旦那の実家がある

北九州【福岡県】へ帰郷しました。

目的はもちろんご先祖様の墓参りですが

今回のプランの中に


・いのちの博物館 (大人から子供まで楽しめますよ) 

    


・deepな、夜の天神めぐり(屋台以外にも珍しいお店
                
                     いっぱい!!) 

・海水プール(残念ながら雨で中止(>_<)) 


行きは6時間半程で到着したんですが

帰りは あちらこちらで渋滞し 12時間以上

かかりました。

ほとんど旦那が運転してくれたんですが

途中トロトロ渋滞は私が担当しました。

ずっとクーラーのかかった状態で足の疲れが

心配でしたが 着圧ソックス のおかげで

狭い車内でも 足の冷えすぎやむくみを気にせず

無事帰り着くことができました(^^♪


旅行にも着圧ソックスはかかせませんね

今日は久しぶりの出勤日

わたしもッふくらはぎマッサージしてもらいます!!

痛そうだなWWW 




キング オブ フルーツ

2015/8/17

こんにちは

指導者たる者実践者たれ!

の人体実験大好き

トライアスリートの院長立川です。


今日はフルーツのご紹介

それは


スイカです。(分類は野菜ですが)

スイカは

スイカの90%以上は水分で、


汗をかいたときの


水分補給には最適で、


その果汁には βカロテン、


リコピン、カリウム、


ビタミンB6などが含まれています。


βカロテンは体内でビタミンAに変わり、


粘膜や皮膚の


健康維持、


ウイルスや細菌の侵入を防ぎ、


ガン予防などの作用があります。


また、リコピンには活性酸素を抑制する働きがあり、


老化予防に効果的といわれています。


さらに、スイカには血流を改善する


シトルリンという


アミノ酸の一種が含まれています。


新陳代謝を活発にして、


体のむくみを解消したり、


塩分排出の効能があります。


お腹いっぱいスイカを食べてください。


私は


朝のトレーニングの後は


たくさんお腹いいっぱい食べてます。


次回もスイカについて


書いていきます。







バランス東洋医学4『温活』

2015/8/13

梅干しが大好き、鍼灸師の品川です。

みなさんの平熱は、どのぐらいですか?

昔の人の平熱は、37度あったそうです。

現代人は、35度台という方も少なくありません。

では、なぜ平熱が低下したのでしょうか?

その原因には、エアコンの普及(自らで体温調節をする機能が低下)、人間関係のストレス、運動不足などが挙げられます。

そのため、体にあらわれる症状として、女性の場合であれば、生理痛、生理不順、頭痛、めまい、腹痛、体のだるさ、肌荒れ、不眠など引き起こしやすくさせます。

男性も、冷え性だという方が増えてきています。

原因には、運動不足による筋肉の減少やストレス過多、生活習慣病などが挙げられます。


理想の平熱は、36、5〜37度!!新陳代謝も活発になり、血流もよく巡ります。

そこで、いま、重要視されているのが本日のテーマ、『温活』です。

温活とは、その名の通り・・・

冷え性を解消し、からだをめる動です。

この温活を、”毎日の習慣”する!

”36,5度!!” ”365日!!” 活動とも言われます。


温活習慣の方法は、いくつかあります。

体を温める食べ物で・・
着るもので・・
お風呂で・・
睡眠で・・
運動、ストッレチで・・

その中で、私は、足もとを温めるというのに着目しました。

足首や足が冷えるという方は足首を温めるのが効果的です!

それでは、本日のピックアップ経穴(ツボ)は、『太谿』です。

『太谿は、内くるぶしとアキレス腱との間にあるツボで、冷え性などの婦人病に効果のあるツボです。




わたくしは、冷えやむくみに対しての鍼灸治療を主におこなっております。

毎年、冬になると、足が冷えて、眠れなくなる方、今から鍼灸治療で一緒にお体を整えていきましょう!!

お困りの方、一度、ご相談くださいませ。


幸治鍼灸整骨院

06-6382-3308








2週間のデトックス期間を終えて

2015/8/12

おはようございます。

指導者たる者実践者たれ!

で2週間のデトックス生活が終わりました。

118キロ走る
ウルトラランナーの院長立川です。


先日の日曜日に2週間のプログラムが終了しました。

体重でいうと約3キロダウンしました。

血管年齢は−29歳に!

血管の状態もAランクになりました。

2週間は

栄養価の高いプロテイン、サプリメント、ドリンクだけで

すごして、固形物は食べません。

しかし思ったほど苦しくはないです。

でも決して楽ではありませんでした。

楽してダイエットは先ず無いです。

苦労するからこそ

苦労して体重を落とすからこそ

終わった時に感動とこれからの生活に

気を使って、

2度と太らない生活になると思っています。

そして、ダイエットは体重を落とすことではなく

ダイエット(diet)=規定食という意味であり、

人や動物や共同体が週間的に摂る食品のこと。

健康のため、美容のため、肥満防止のために、

食事を制限することとあります。(Wikipedia)


つまりダイエット(diet)は

健康や美容を保持するために、食事の量や種類を制限すること!

であって運動して体重を落とすことや、エステで痩身すること

ではないことですね。

ダイエット=健康への取り組み


運動しない人が運動で痩せると、

運動やめるとまた太ってしまいますよね。


私は2ヶ月間のフルーツダイエットと今回の2週間プログラム

からダイエットは

腸をキレイにすること!

というところに行き着きました。

体重を減らすことは色々ありますが、

やり方の前に

考え方を変えていくことが非常に大切になってきます。

今回食べないことで

様々な気づきがありましたが、

それほど食べなくも大丈夫ですし、

食べないほうが体も頭も調子がよくなります。

朝の目覚めはすこぶるよかったです。

当院でも私が実践した取り組みを

今後展開していき、

体の中からキレイにしていきたいと

思っています。

そうすることにより、

体の様々な不調も解消していくでしょう。

お楽しみにしていてください!


約2週間後の写真。

約3キロ減。ウエストのお肉が取れ、

くびれが出ています。

顔もシャープになりました。

しかし、ここからがなかなか

落ちないですね



ページの先頭へ