スタッフブログ

骨盤矯正ダイエット

2014/6/5

腰痛で当院オリジナルの骨盤矯正を受けられていた患者様のO様

週に1度骨盤矯正をうけ、週に1度は筋肉調整を受けておられました.

腰の痛みが解消しだし、

少し間をあけて治療に来られたら・・・・

顔が小さくなり、ウエスト周りもなんだか細くなっていました.

『やせましたか?』

とお聞きすると

骨盤矯正しているうちに、

『昔の体系にもどってきたんです』と。

腰も痛みがなくなり、ダイエットできて良かったと

お喜びいただきました.

先日は初めてきた患者様は

骨盤矯正をして、帰るときに靴がスポスポになってましたとおっしゃっていました。

 

当院の骨格矯正は

ほとんど痛みがありません。

診断により体がどのように歪んでるのか患者様自身もわかります。

矯正された実感も体感していただけます(個人差があります)

お年寄りの方でも安心して治療を受けることができます。

 

骨盤矯正を行うことにより、体の中心である

背骨・骨盤が整うことにより、骨格構造、筋肉を本来あるべき姿に

整えることにより、

自然治癒力を100%働きやすい状態へ導き、体を根本的に治療していきます.

特に痛みに対しては即効性があります。

体の循環が正常になり、治療中に体がぽかぽかしてくる患者様もいらっしゃいます。

先日の骨盤矯正コースの患者様の写真です.

骨盤矯正後に骨盤を締めて、

安定させる

『リアラインコア』も当院では併用して

より早く、より確実に結果がでる

骨盤矯正を行っています.

image-1

 

image

 

骨盤矯正とリアラインコアを組み合わせて

つかなかった手が

ここまで手がつくようになりました.

骨格が整うことで体の柔軟性も出て

痛みの出にくい、疲れにくい体へとなっていきます。

そしてスポーツを行う人に取っては

その人の本来持っている力を出すことが出来る様になります.

その感覚は施術を受けていただけると体感していただけます.

 

体の歪みが気になる人

腰が痛い

肩がこる

猫背

そのような方は一度ご相談ください。

 





高齢者の筋トレ(ロコモティブシンドローム)

2014/6/3

ふくらはぎのくびれがなくなり、

象さんのような脚になってきたという事で

来院された72歳の女性

image-10

 

当初は踵のひび割れもひどく、足首、膝裏もムチムチでした。

筋肉にも弾力が無く、

ふくらはぎマッサージはとても痛かったと、当時のことをお話ししてくました.

そのときは、痛みに耐えて、もうやめようと思っていたみたいです.

『あのとき、やめなくて良かったと』今ではおっしゃってます.

ふくらはぎマッサージを続けた結果はimage-8

 

踵のひび割れも改善!

足首のくびれが出現!

当時は50メートル歩くと心臓がばくばくしてしんどかったと言ってた症状も改善!

酸素オイル(O2クラフト)をつかってのマッサージをしているので、

脚もつやつやピカピカの美肌に。

そして今では

筋トレに励んでいます.

筋トレをやり始めて

2週間でウエスト−4センチ!

顔の色つやも見るからに若くなりました.

photo1-2

主に脚のトレーニングを行っています.

今日治療したところ

ふくらはぎは明らかに細く、ウエスト周りも細くなっています.

ご本人さんもうれしそうにお話ししてくれました.

そして、椅子から立ち上がるときの痛みがなくなり、

『すっと立ち上がることが出来る様になった』と

長時間座っていても(バスツアーなど)脚がだるくならなくなり

座っていても立ち上がりが楽になった。

うれしい報告ばかりを頂きました.

 

そして

『長い目で続けることが大事やね。すぐに結果はでない』

『一年前とは偉い違いや』

とおっしゃい

今日もトレーニングをされ、お友達の患者様を

励まされていました.

そのことばに、

一番僕たち治療家が励まされます.

今日も感謝!!





アスリートのための分子栄養学

2014/6/2

先日日本ハイインテンシティトレーニングの(高強度トレーニング)JHITA (http://jhita.jimdo.com)

で栄養学を担当していただいた星 真理先生が

雑誌で2年に渡って掲載され続けた内容を

このたび出版する事になり、その出版記念パーティーにいかせていただきました.

本のタイトルは

『アスリートのために分子栄養学』

僕も一応トライアスロンやフルマラソン、トレイルラン等を行っている

アスリート?なのでとても目の引かれるタイトルです.

内容はとても深くて、これからももっと深めていきます.

お祝いの言葉で

格闘家の角田 信明さんのお祝いのメッセージも届いていました.

角田さんはJHITAの実践者であり、最高顧問でもあります.東京での出版記念には

参加されていたのでお会いできるかと思っていましたが、映画の撮影の為に不参加でした.

残念でした.

 

会場にはトレーニング関係や、ボディービルダー、健康に関する方々たくさん来られていました。

その中から

今世の中にはたくさんサプリメントがあるが、最低これだけは取らないといけないという

物は何んですか?とう質問がありました.

 

星さんはズバリ

タンパク質・プロテインと言われました.

プロテインはギリシャ後の『第一番目』を意味するプロストに由来し、

体の土台となると同時に、血液やホルモン、酵素なども作る大切な栄養素です.

筋肉、骨、内蔵諸器官、血液、ホルモン、酵素、そして皮膚や毛髪に至るまで、

全てタンパク質で出来ています.

それ以外にも、他の栄養素と結びついて、必要な場所まで運ぶ、キャリアタンパクという

働きがあります.

まだまだ内容盛りだくさんですが、詳しい内容は

アスリートのための分子栄養学をお読みください.

 

私自身もこの事を学んでからプロテインを取る様に心がけています.

私の実感としては

トライアスロンの大会においても

疲労感と粘りは以前よりも増しています.

photo1-9

日本人は基本的に不足しています.

そして、ダイエットにも脂肪を分解するリパーゼに必要になる為に

ダイエットしたいかたにもプロテインは

必ず必要です.

 

人間の体は科学工場だと思っています.

より良い栄養を取る事が、

自分の持っている能力を最大限に引き出してくれる、

後押ししてくれる物だと思います.

しっかりと勉強して

皆さんに還元していきたいと思います.

 

 

出版記念ではたくさんのかたとの交流があり

とても勉強になりました.

この機会をいただきありがとうございました.

 





ページの先頭へ