スタッフブログ

腰痛改善 姿勢改善・猫背矯正⑥

2015/12/17

こんにちは

腰痛・ヘルニアを姿勢改善、トレーニングで
回復し、今は筋トレ、ウルトラマラソン、
トライアスロンを楽しんでいる
院長の立川幸治です。

先日友達から
歩いている姿が傾いている・歪んで歩いている
と言われて姿勢改善治療を開始した患者さま

当院はキネシロジオーという
特殊な検査、治療で
体の歪みを診断して治療を行います。

筋肉は左右、上下、裏表で
それぞれがバランスを取っています。
綱引きでいうと強いチームと、弱いチームがあるように
筋肉も使える筋肉(強い)
使えていない筋肉(弱い)
があります。

強い筋肉は使いすぎてしまい痛みが出ます。
働き過ぎてしまうわけですね。

それを筋力検査により診断して
体のある部分を押すことにより使えるようにします。

するとバランスが取れて

体の傾き、ゆがみが整っていきます。

2回目の治療ですが
かなり改善していますね。

ぼきぼきしない矯正方法で
矯正治療を受けている割合は
女性が7:3で多くの方が受けています。

その秘訣は
ボキボキしない
痛くない
効果を実感できるとことにあります。

ゆがみ
姿勢
猫背
腰痛
肩こりで根本的に改善したい方は

幸治鍼灸整骨院
までお問い合わせください
06-6382-3308




1-GATA (1型糖尿病のアーティスト達)

2015/12/9

こんにちは
トライアスロン、ウルトラマラソンを愛する
院長の立川です。
こらからマラソンシーズン到来ですね。
私も少しづつ走行距離を伸ばしています。
目標タイムに向かってがんばりましょう!

今日は先日元患者様で
今アーティストとして活動している

1-GATA(いちがた)

『1-GATA』は全員が1型糖尿病、
Vo.中新井美波(元陸上選手)、
Key.吉田敬、
Bass山川浩正(exTHE BOOM)の3人

1型糖尿病は(IDDM、インスリン依存型糖尿病、
小児期に起こることが多いため小児糖尿病とも呼ばれます)は、
主に自己免疫によっておこる病気です。
自分の体のリンパ球があやまって内乱を起こし、
自分自身のインスリン工場、膵臓のランゲルハンス島B細胞、
の大部分を破壊してしまうことで発病します。

1型糖尿病では、自分の体の中の工場でインスリンを
作ることができなくなってしまいます。
インスリンがないと、グルコース(ブドウ糖)を細胞に取り込むことが
できず、血管の中にグルコースがあふれかえることになってしまいます。
グルコースは細胞のエネルギー源として大切なものですが、血管の中に
大量に残っていると、様々な形で血管の壁にたまり、糖尿病特有の
合併症につながります。

1型糖尿病では、脳死膵臓移植や膵島移植を受けるか、
血糖測定をしながら、生涯にわたって毎日数回のインスリン自己注射
またはポンプによる注射を続ける以外に治療法はなく、
糖尿病患者の99%を占める2型(成人型)糖尿病とは
原因も治療の考え方も異なります。

日本での年間発症率は、10万人あたり1〜2名 が発症

このように、主に子どもに起こる原因不明の難病であることに加え、
治療を厳密に行わないと心臓、腎臓、眼、神経等の病気が発症しますので、
患者本人の苦痛はもとより、患者家族にとっての精神的、
経済的負担は多大なものとなっています。

1−GATAの活動目的は
僕らの音楽活動を通して、1型糖尿病を、正しく、多くの方に理解していただくこと。
この病気の子供達に、何にでも挑出来る、音楽だってもちろん出来るし、
ミュージシャンにもなれるんだよ! と希望をもってもらうこと。
同じ病気の方達はもちろん、他の病気で苦しんでいる方々、全ての人達が元気になれる!
そんな音楽を作って行くことを目標に、活動していきたいと考えています。

そんな熱い思いの人たちが先日当院を訪れてくれました。



ボーカルの中新井さんはそんな病気を持ちながら
陸上をやってきました。
普通ではありえない。
しかも陸上でトップクラスで走ってきました。
不可能と思っているのは、
自分自身の気持ちなんでしょうね。

私もそんな活動をしている
1-GATAをこれからも応援していきます。

自分自身もトーニング、マラソン、トライアスロンに
励み、自分自身の可能性、やってやれないことはない!
という思いを行動で示していきます。

痛み、辛さを持った患者様とともに歩む。
一人では辛いことも私たちが支え、応援して、
一緒にやることによって、
痛みで、辛さでできないということを
一つでもなくしていき
健康寿命を延ばして、
ピンピンコロリの人生を提供できるように
がんばっていきます!

当院でも多くの人たちがトレーニングを頑張っています。


トレーンングをしたいなぁ
トレーニングをしたいけどやり方がわからない
ひとりではなかなかできない
筋肉が最近落ちてきた
健康寿命を伸ばしたい
膝が痛い
腰が痛い

そのような方は

幸治鍼灸整骨院
06-6382-3308

までお問い合わせください




腰痛改善 姿勢改善・猫背矯正⑤

2015/11/23

こんにちは

腰痛・ヘルニアを姿勢改善、トレーニングで
回復し、今は筋トレ、ウルトラマラソン、
トライアスロンを楽しんでいる
院長の立川幸治です。

姿勢を維持するのに欠かせないものに

《筋肉》があります。

いくらいい矯正治療・骨盤矯正などで
骨格が整ってもそれを維持するための
《筋力・筋肉》がなければ
良い姿勢をキープできません。



そこで今回は
筋肉は何のために存在しているのか。

①身体を動かすためのエンジンの役目

生きるということは=動くこと!

動くことが出来るのは筋肉が存在しているから
筋肉がなければ歩くこともできません。
ということはベッドでなたきりか車椅子生活に
なっちゃいますね。
 筋肉は年間約1%衰えていきます。
50歳くらいで20代の約半分くらいの
筋力になると言われています。
将来に向けての貯筋をしていかないと
寝たきりや、転倒の確率が上がってしまいますね。

②重力などに対する姿勢を維持する役目

骨盤矯正・背骨の矯正をしてるだけで
終わっていませんか?

その良い状態を維持するには
筋力をつけていかないと、重力に負けて
また『猫背』・『不良姿勢』
にすぐに戻ってしましますよ。

当院ではトレーニングにも力を入れています。



高齢者から若い女性まで筋力トレーニングに
励まれています。

お一人お一人に合わせた重量で
丁寧に優しく厳しくサポートさせていただいています。

姿勢改善・猫背・ヘルニア・腰痛・肩こり
お困りの方は
幸治鍼灸整骨院へ
お問い合わせください
 
06-6382-3308





ページの先頭へ