スタッフブログ

水を1日2.5リットル飲むとなぜいいのか

2015/8/28

1日2.5L以上はお水を飲みましょう!

今は暑くてもお白湯もOKです。


では、なぜお水を1日2.5L以上

摂ったほうが良いのでしょうか?


先ず体の仕組みから。

お水を摂ると結果的にはデトックスの効果がありますが、

一番の理由は尿(1.5L)や汗、呼気(1L)で

出て行った水分を補給することが目的です。


では、水分を補給しなかったらどうなるので

しょうか?

脱水症状になり、疲れやすいです。

すぐに疲れる方は水分取ってますか?




実はノドが渇いてからお水を飲んでいては

遅いのです。

ノドが渇いたってことはすでに脱水症状に

なっています。

そうすると疲れやすくなるから臓器類の

機能が低下する。

結果太ったり、病気になったりします。

ノドが渇く前にお水を飲む習慣を

身につけましょう!




逆に1日2.5〜3L飲んでいる人は疲れにくい

(体力UPする訳ではなく燃費が良い)

ので臓器も正常に機能するから消化や

排泄が上手くいくという流れです。

次に、具体的な方法をお伝えします。


私の方法の一つをご紹介します。


家にいるときは部屋中にペットボトルを置く。

いつでも手の届くところにお水が

あるようにしましょう!

例えば、バスルームやベッドサイド、

キッチンなどにもです。

外出時はバッグの中にはもちろん、

車で移動されるなら行き帰り用に2本、

車中にペットボトルのお水を置く。

最初は「水を飲む」って張り紙を

する方法もあります。



大事なことは、常に手の届くところに

お水を置いておくことです。

理想は「ノドが乾く前に飲む」です。

疲れない元気な体を作っていきましょう!





一覧に戻る

ページの先頭へ